« SEVENTEEN | トップページ | デスノート13巻 »

2006年10月29日 (日)

デスノート前編

テレビで映画「デスノート」を見た。

私の中で、今年一番ブレイクした作品だと思う。

内容的に映画化やアニメ化は難しそう、と思ってたけど、

どちらも実現できたので嬉しい。

・キャスト

実力派ぞろいだった。

月は表情があまり表に出ないタイプだから演じるのも大変そうだけど、

藤原竜也は、その微妙な表情の変化を見事に演じていた。

Lは座り方からお菓子の食べ方まで、原作とそっくり!

あのお菓子の串刺しはおいしそうだったなぁ。

あれだけ甘いものを食べても太らないのは、

それだけ頭を使っているから!?

でも糖尿病になりそう・・・。

ワタリは原作とベストマッチ!

あの人以外にワタリを演じられる人はいないね。

そして、南空ナオミはやっぱりカッコよかった。

・ストーリー

原作とは全く違うストーリーだけど、

おもしろさに変わりはなかった。

スリルがあったし、原作を読んでいても先の読めない展開だった。

あまりスピード感がないのは、原作では軽視された

人間関係のドラマをじっくり見せているからだろう。

最後のどんでん返しには驚かされた。

前編ではようやく月とLが対面したところで終わったので、

後編での2人の対決が楽しみ。

|

« SEVENTEEN | トップページ | デスノート13巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146014/3998998

この記事へのトラックバック一覧です: デスノート前編:

« SEVENTEEN | トップページ | デスノート13巻 »